名刺マニアが選ぶ、地味に品質が高い名刺作成サイト比較

top > 名刺作成について > コーポレートカラーならイメージしやすい

コーポレートカラーならイメージしやすい

 ビジネスアイテムとして名刺があります。最初に交換をし、コミュニケーションを取ります。その時にいい印象を残すことが出来れば、それ以降の取引もうまくいく可能性があります。ただ、最初からうまくいくとは限らず、少しずつ交渉などを行う場合があります。この時に、以前の内容をきちんと覚えてもらうには、何かインパクトがないといけません。
 名刺は、単に紙を交換するだけに渡すのではなく、いろいろな印象を残してくれます。もし、所属する企業にコーポレートカラーがあるなら、それを使うようにします。学校にスクールカラーがあるのと同様、それぞれの企業にもイメージカラーがあります。特に決めていなくても、企業ロゴなどがあるならその色がコーポレートカラーになることがあります。定番の商品のパッケージがある色で特定されているなら、その色をコーポレートカラーにすることもあります。


 色を使うとき、その会社の色でないといけません。赤といってもいろいろな種類の赤があり、鮮やかな赤もあれば、シックな赤もあります。同じ赤でも、全く同じ赤と使わないと、イメージしてもらいにくくなります。
 封筒などの印刷物を作るときにロゴ直を印刷することがあります。その時の色を使って作成すれば、色で失敗する可能性が少なくなります。複数の色を使って煎るときは、メインで使って煎る色を利用するとよいでしょう。色を使うといっても、全面的に使うわけではありません。
 一般的な名刺は、白地に黒が一般になります。文字などの情報が非常に見やすい優れた形式です。あまり色を複雑に入れ過ぎると、わかりにくくなります。ポイントとして一部に色を入れるのが良いでしょう。


 コーポレートカラーがない場合にはどうすればいいかです。それぞれの色にはイメージがあるので、企業イメージ、業種イメージに合う色を選びます。元気や活力などをイメージしやすいのは赤です。
 若者向けのサービスを行う場合に、赤をポイントに入れます。知的で清潔なイメージを与えるのが青です。金融や保険など相手に安心感を与えるビジネスならよいかもしれません。
 メインになる色が決まったら、文字やその他の色になります。白に対して黒が映えるのは知られていますが、他の色の場合もそれぞれ何色が良いかがあります。赤や青に黒の文字を入れると、見えにくくなります。青であれば、黄色っぽい色の方が見えやすくなります。濃い色には、白っぽい色にすることがありますが、真っ白ではなく、灰色などを使うとよい場合があります。

   

カテゴリー