名刺マニアが選ぶ、地味に品質が高い名刺作成サイト比較

top > 名刺作成について > 名刺作成は自分でできる時代になってきています

名刺作成は自分でできる時代になってきています

 季節も春になると、新入社員の姿を数多く見掛けるようになります。人それぞれが将来への大きな希望を胸に社会という荒海へと旅立つ季節です。世の中には数えきれないくらい多くの種類の会社があります。しかしどのような会社に入社しても、必ずと言っていいほど持ち歩くのが名刺ではないでしょうか。最近の名刺は紙質もよく、白地に黒色の文字のみでなく、カラーであったり、穴の開いたものであったり形もさまざまで、横書きの物もあれば縦書きの物もあり、いかに自分の会社を取引先の会社にアピールできるか、そして自分というものを売り込むことができるかという工夫がなされているようです。
一昔前であれば、名刺作成は印刷会社に依頼するというのがほとんどのようでしたが今は違います。名刺作成用の用紙を準備しておく会社も多く、社内のパソコン等で自分で作成できるようになりました。自宅で作成することも可能です。最近の名刺作成は業者に依頼する手間も省け、手軽に作成することができるようです。


社会人の顔、名刺作成するときの注意点

新入社員として会社に入った際、多くの会社でマナー研修などを行っていますが、その中の一つとして名刺交換を確認することが多いです。名刺交換、相手とのファーストコンタクトになるわけですから、少しでも印象のいいものにすることに越したことはありません。マナーを身に着けることも重要ですが、名刺の中身も大切です。名刺というと大抵会社名・肩書・氏名・連絡先と書かれている内容は相場が決まってきます。
必要な情報を相手に伝えるのが名刺の役割なのでそれでも十分ですが、味気なく感じる場合もあります。名刺交換の際は初対面のことが多いので、名刺に何かインパクトを加えると、初顔合わせでもそれについて話のネタができて盛り上がるという場合があります。名刺が場を和ませるという場合もあるので、名刺作成の際はインパクトを考えるのも一つの手です。


名刺作成の手順や作り方の事など

名刺はその人がどんな人かを表す大切なもので、仕事をする上では欠かせないですし、多くの社会人の方が持っている仕事アイテムでしょう。会社に入社をすると部署の配属が決まります。そうしたらその会社名、部書名、肩書、自分の名前、連絡先などを入れて名刺作成をします。名刺を作成するのは印刷会社に発注するところと、自社で印刷機を持っているので自社で作るというところがあります。
どちらにしてもまずは先ほど述べた名前や会社名などの情報を名刺デザインの中に入れ込みます。そして印刷会社に印刷をお願いする場合には入稿ガイドに従って入稿し、注文枚数を決めます。そして印刷が仕上がったら印刷会社から名刺が届くという流れになっています。自社で作成する場合には名刺のデザインが終わったら自社の印刷する機会に名刺のデータを送って必要枚数印刷して完了です。

次の記事へ

   

カテゴリー